保険見直し 資産管理 住宅ローン のFP診断&相談なら 住まいと保険と資産管理
トップページファイナンシャルプランナーによるお役立ち情報 > 積立投資
 


▼「積立投資」を成功させるための3つのポイント


2007年夏から2009年春にかけて、世界的に株式が断続的に急落しました。

 このような状況の時、「やはり投資は怖い」「投資は富裕層のもので、自分には関係ない」「投資をしている人は大変だ」という皆さんの声が聞こえてきそうですが、本当にそうなのでしょうか? それでは、上記のようなお考えの方に、少しでも投資を身近に感じてもらうため、月1万円から気軽に始める毎月積立投資について、一緒に見ていくことにしましょう。

      

毎月積立投資の2つのメリット
(1)複利効果の活用
 毎月積立投資なら、一度投資した資金を数年・数十年と長期間運用することになりますね。ということは、長期運用のメリットである「複利効果」を得ることが出来ます。複利とは運用で得た利息を、さらに運用に回して投資をすることで、利息が利息を生む方法です。では、どれぐらい効果があるのか検証してみましょう。

(例)35歳の人が、老後資金準備として、年金支給が開始される65歳迄30年間、毎月1万円を積立投資したとしましょう。

 タンス預金(複利0%)だと、1万円×12ヶ月×30年=360万円です。
1%複利で運用できたとすると、30年後に資産は、420万円
3%複利で運用できたとすると、30年後に資産は、584万円
5%複利で運用できたとすると、30年後に資産は、836万円

 5%複利で運用できれば、元本が投資金額の5倍以上になっていますね。この複利効果は、2年や3年では、大きな効果は期待できませんが、運用期間が長ければ長い程、効果が絶大です。

(2)ドルコスト平均法の活用
 預貯金とは違って、株式・外貨は、毎日価格が変動します。安い時に買いたいという気持ちはわかりますが、実際に予想するのは極めて困難です。そこで有効になってくるのが、ドルコスト平均法の活用です。

(例)投資信託を毎月1万円購入するとしましょう


投資額

基準価額

購入口数

10月

10,000円

10,000円

10,000口

11月

10,000円

9,000円

11,111口

12月

10,000円

8,000円

12,500口

1月

10,000円

11,000円

9,090口

2月

10,000円

11,500円

8,695口


 1万口あたりの平均購入単価は、50,000円÷51,396口×10,000=9,728円です。
 基準価格が安い11、12月には、口数(購入量)が多くなり、逆に、基準価格が高い1、2月は、口数が少なくなり、結果的に平均購入単価が平均化され、一時金で購入するよりも、リスクが分散されます。

毎月積立投資での投資信託の活用
 個人でいくつもの個別銘柄を購入して投資しようとすると、1銘柄だけで数十万かかることがあります。投資信託は月1万円から購入することができ、幅広い銘柄に投資されていますので、リスクを分散することが出来ます。さらに、投資信託の種類によっては、一つの投資信託内で、株式・債券・不動産等へ分散投資をしているものもあります。
 毎月積立投資で投資信託を活用すれば、複利とドルコスト平均法の効果に加えて、資産運用において一番重要な、「長期運用」・「分散投資」を実現することが可能です。

毎月積立投資成功のための3つのポイント!
1.相場の上げ下げに一喜一憂せず、長く続けること
2.金融機関から毎月引き落としにして、投資に回すお金をまず確保すること
3.最初に投資した投資信託を、頻繁に変更したりしないこと

 投資は富裕層のためだけのものではありません。今後、年金が目減りし、税金・保険料等の負担増が予想されます。また、全ての資産を預金していると、物価上昇に負けてしまう可能性が高いです。これに加えて通貨を円だけで所有していると、円安に進んだ場合、資産が目減りしてしまいます。ですから、資産運用するリスクもありますが、資産運用しないリスクもありますので、一度真剣に将来のこと・投資のことを考えてみるのも良いのではないでしょうか?


CFP 長谷 剛史



このお役立ち情報で「積立投資」についての理解が深まりましたか?

※以上は、2008年10月27日時点で独立系FP会社 住まいと保険と資産管理に所属している
ファイナンシャルプランナーが執筆をして、MSNマネーに掲載されたコラムを一部編集したものです。




▼3つの領域(住宅購入・保険見直し・資産管理)に強い
ファイナンシャルプランナーの初回相談(3,150円、60分)をご希望の方は


 相談予約専用ダイヤル 0120-374-849 (月〜土 10:00〜18:00)

全国ファイナンシャルプランナー一覧
  FP相談予約フォームはこちら

※地域、相談内容、業務多忙等の理由により、担当FPの希望には
お応えできない場合がありますことを、ご了承ください。


朝日新聞・読売新聞・日本テレビ・フジテレビなど、様々なメディアにて
中立的な専門家として100回を超える紹介をいただきました (詳細はこちら
住まいと保険と資産管理の「3つの領域に強いFP」が、慎重なあなたを親身にサポートします

 動画でわかる! FPサービスガイド
FP相談サービスに関する案内資料(無料)を請求
 ファイナンシャルプランナーの相談サービスに関する「Q&A」
 

保険見直し相談

資産運用相談

住宅ローン相談
1年以内のマイホーム購入に関する相談をしたい方は ⇒ 住宅購入相談

ライフプラン シミュレーション

相談予約専用ダイヤル 0120-374-849(月〜土 10:00〜18:00)

 
 
 
◆39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン、今なら無料受講できる!◆
 はじめての保険見直し おとなの資産設計ガイド 住宅ローン不安解消レシピ わかる!退職ナビ 学資保険で足りますか? 
平和すぎる相続の5ステップ これを知らずに家を買うな!


ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません。(
個人情報保護方針

Copyright(c) 株式会社 住まいと保険と資産管理 .All Rights Reserved.