保険見直し 資産管理 住宅ローン のFP診断&相談なら 住まいと保険と資産管理
トップページファイナンシャルプランナーによるお役立ち情報 > 家計見直し
 


▼まず「家計見直し」から始める、家計の防衛術


 本日は、2008年前半のように原油価格の上昇からの「値上げラッシュ」が再び起きた場合に、どのようにして家計を防衛するかということについて、いろいろな観点からお伝えします。

            

まずは「家計全般の見直し」から
 2008年の前半に起きた「値上げラッシュ」は、今後も原油価格が上昇すれば起きる可能性があります。それも、物価だけで収まることはないでしょう。国民年金保険料や厚生年金保険料の段階的値上げは既成事実ですし、そう遠くない将来、消費税率アップも予想されます。
 ではどのように相次ぐ「値上げ」から家計を「防衛」していけばよいのでしょうか?
 まずは、現在の「収入」と「支出」の洗い出しを行い、「家計全般の見直し」を行いまさす。次に「ライフプラン」を作成し、今後のライフイベント毎の予想支出額を把握します。

「固定費」の見直し
 その次に「固定費」の削減を行います。家計における「固定費」とは「住居費」、「光熱費」、「通信費」、「保険料」などがあげられます。

(1)住居費
「住居費」の削減方法として住宅ローンの「繰上げ返済」や「借り換え」などがあります。「繰上げ返済」は、資産を取り崩すことにはなりますが、ローン金利で資産運用を行ったと同様の効果を得られ、毎月のローン返済額の減少などメリットの多い対策のひとつです。
(2)通信費
インターネットが普及し、一人一台ずつ携帯電話を持つ時代となり、家計における「通信費」は上昇傾向にあります。固定電話であれば「スカイプ」のような無料IP電話の利用や、携帯電話であれば、各社で導入されている「家族間通話割引サービス」の加入といった料金プランの見直しも「通信費」削減対策の一つです。
(3)保険料
「保険の見直し」を行い、ご自身及びご家族の現在及び将来の「必要保障額」を把握し、保障内容が重複している保険契約の解除や、保障額削減によって、「保険料」の削減も可能です。
(4)光熱費
家電製品は、使用していない時でもごく僅かですが電気を使用し続けます。この消費電力を「待機電力」又は「待機時消費電力」といいます。財団法人省エネルギーセンターの調査によると、各家庭の全消費電力のうち、10%が「待機時消費電力」に使用されているそうです。環境対策のためにも、節電節水は心掛けたいところです。

「自己投資」「副業」のすすめ
 「削減」ばかりご提案しましたが、スキルアップのための「自己投資」には惜しまないようにしましょう。会社に長く勤めてさえいれば自動的に給与が上昇する時代は終わりました。自らを「労働力」を供給する「商品」と見立てた場合、その価値を落とさず、常に高めるようにすることが収入の増加にも繋がります。
 また、会社が禁じてさえいなければ、無理のない範囲で「副業」にチャレンジしてもよいでしょう。「副業」といっても、インターネット上でのアンケート・モニターなど「お小遣い稼ぎ」気分で行えるものもあります。

リターンの向上
 最後に、保有資産の運用益(リターン)を向上させることによって、労働収入以外の収入アップをめざします。高いリターンを求めると、高いリスクがつきものですが、ある程度リスクは押さえつつ、保有資産の中へ投資信託などの運用商品を組み入れ、物価上昇に負けないリターンを目指しましょう。
 また、現時点でまとまった資金がない方でも、毎月少額資金の自動積立を行うことにより資産運用を行うことが可能です。

まとめ
 値上げラッシュに対する「家計防衛策」を4つのポイントをまとめると、(1)現況の把握、(2)支出の削減、(3)収入の増加、(4)リターンの向上、という流れになります。これらは全てムリのない範囲で行うようにしてください。 無理な計画を立てて、気持ちのゆとりまで失っては元も子もありません。 また、これらの実行プランの作成については、ファイナンシャルプランナー等の専門家へのご相談をお勧めします。

株式会社 住まいと保険と資産管理
ファイナンシャルプランナー 國塩 学


このお役立ち情報で「家計見直し」についての理解が深まりましたか?

※以上は、独立系FP会社 住まいと保険と資産管理に所属するファイナンシャルプランナー
が執筆をして、2008年5月1日にMSNマネーに掲載されたコラムを一部編集したものです。




▼3つの領域(住宅購入・保険見直し・資産管理)に強い
ファイナンシャルプランナーの初回相談(3,150円、60分)をご希望の方は


 相談予約専用ダイヤル 0120-374-849 (月〜土 10:00〜18:00)

全国ファイナンシャルプランナー一覧
  FP相談予約フォームはこちら

※地域、相談内容、業務多忙等の理由により、担当FPの希望には
お応えできない場合がありますことを、ご了承ください。


朝日新聞・読売新聞・日本テレビ・フジテレビなど、様々なメディアにて
中立的な専門家として100回を超える紹介をいただきました (詳細はこちら
住まいと保険と資産管理の「3つの領域に強いFP」が、慎重なあなたを親身にサポートします

 動画でわかる! FPサービスガイド
FP相談サービスに関する案内資料(無料)を請求
 ファイナンシャルプランナーの相談サービスに関する「Q&A」
 

保険見直し相談

資産運用相談

住宅ローン相談
1年以内のマイホーム購入に関する相談をしたい方は ⇒ 住宅購入相談

ライフプラン シミュレーション

相談予約専用ダイヤル 0120-374-849(月〜土 10:00〜18:00)

 
 
 
◆39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン、今なら無料受講できる!◆
 はじめての保険見直し おとなの資産設計ガイド 住宅ローン不安解消レシピ わかる!退職ナビ 学資保険で足りますか? 
平和すぎる相続の5ステップ これを知らずに家を買うな!


ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません。(
個人情報保護方針

Copyright(c) 株式会社 住まいと保険と資産管理 .All Rights Reserved.