保険見直し 資産管理 住宅ローン のFP診断&相談なら 住まいと保険と資産管理
トップページファイナンシャルプランナーによるお役立ち情報 > 家計管理法
 


▼お手軽な家計管理方法


 
                
「袋分けで管理をしています。でも、袋のお金だけでは足りなくて、何度もお金を下ろして足しているうちに、結局赤字になって貯蓄ができません。」
 このように悩んでいる人が多いのが家計管理です。そこで、赤字を出さないで貯まる家計にするコツをいくつかご紹介します。

目標をはっきり決める!
なんとなく「貯金したい」と思っているだけでは、「今月も残らなかったから貯金できなかった。」といつまでたっても貯蓄ができない状況から抜け出せません。
何のために貯蓄するのか、今後どんな予定があるのかを「○○年後、△△のために、◇◇万円必要」と書き出して、そこから逆算して毎月の貯蓄額を計算します。
その目的のためにがんばろう!という想いがあれば、頑張れそうな気がしませんか?

確実にためるには、先取り貯蓄
収入が入ったら、まずは毎月の貯蓄額を貯蓄用の別口座に移します。おすすめは給与天引きや自動積み立て。自動的に引き落とされるので手間いらずです。
貯蓄に回したお金は手軽に引き出すことができないので、残ったお金で家計をやりくりすることになります。

銀行で生活費を下ろすのは、給料日後の1回だけ
光熱費など公共料金の銀行引き落とし分は、余裕を見て少し多めに残します。それ以外をひと月分の生活費として下ろします。
足りなくなるたびに下ろしていては、合計いくら下ろしたのかわからなくなり、使い過ぎの原因になります。

メリハリをつけた使い方を考える
お金の使い方はそれぞれのお宅によって実にさまざまです。
決まったお金の中でやりくりをするには、しかも生活のレベルを落とさないで倹約するには、お金の使い方にもメリハリをつける必要があります。
わが家は一番何にお金を使いたいのか、そのためには何を削ってもいいのか、そこのところをはっきりと決めておくことが大事です。
例えば、わが家はみんな食いしん坊なので食費は削れないけれど、それである程度満足が得られれば、娯楽費を半分に減らしても大丈夫だろう。とか、わが家は音楽を聴くのが大好きだからCD代やコンサート代は削れないけれど、その代わり外食はなるべくしないように頑張るわ。
というふうに、楽しみにしていることを思い切り楽んで満足感を得られれば、他の支出を思い切ってバッサリ削ることもできるでしょう。

家計の予算化
最終的には全体で予算内に収まっていればOKです。項目分けをあまり細かくしない方がかえって臨機応変にやりくりできます。

週ごとに袋分けする場合、いつから1週間を始めるかが大事
やりくりが成功するかどうかの重要なポイントは、1週間の始めの日を何曜日に設定するのか、ということ。
袋分けは残高が一目でわかるので、その中でやりくりできればいいのですが、何かと買い物に出かけることが多く、お金の出ていく機会が多いのが週末だとしたら、1週間の始めを土曜日からに設定し、土日に使った後の残り少ないお金で金曜日までなんとかやりくりする、そのように設定した方がうまくいきます。

家計管理はシンプルで簡単であること、そして節約していることを忘れていられることが、長く続けられるコツではないでしょうか。
『生活を楽しみながら将来のための貯蓄ができる』そのような家計管理を目指して、できるところから始めてみませんか。

最後に、家計の見通しを立てる
支出には毎月のものと、特定の月だけに発生するものがあります。思わぬ出費によって赤字になる月もあります。赤字になる月もあることを予測して、黒字の月には残金を繰り越しておくことが大切です。
また、長期の予算を立てることは大切ですが、それを実行することはもっと大変です。
予算を1年先まで立て、3か月あるいは6か月ごとに見直しをし、何か問題があれば深刻化する前に修正します。そして、そのつど1年先までの予算を組みます。望むような家計プランができるまで何度でもトライしてみましょう。
もっと詳細に検討したいときは、専門家にご相談ください。

                                  株式会社 住まいと保険と資産管理
                                  ファイナンシャルプランナー 野口正子

 


このお役立ち情報で「お手軽な家計管理法」についての理解が深まりましたか?

※以上は、独立系FP会社 住まいと保険と資産管理に所属するファイナンシャルプランナー
が執筆をして、2010年9月28日にMSNマネーに掲載されたコラムを一部編集したものです。




▼3つの領域(住宅購入・保険見直し・資産管理)に強い
ファイナンシャルプランナーの初回相談(3,150円、60分)をご希望の方は


 相談予約専用ダイヤル 0120-374-849 (月〜土 10:00〜18:00)

全国ファイナンシャルプランナー一覧
  FP相談予約フォームはこちら

※地域、相談内容、業務多忙等の理由により、担当FPの希望には
お応えできない場合がありますことを、ご了承ください。


朝日新聞・読売新聞・日本テレビ・フジテレビなど、様々なメディアにて
中立的な専門家として100回を超える紹介をいただきました (詳細はこちら
住まいと保険と資産管理の「3つの領域に強いFP」が、慎重なあなたを親身にサポートします

 動画でわかる! FPサービスガイド
FP相談サービスに関する案内資料(無料)を請求
 ファイナンシャルプランナーの相談サービスに関する「Q&A」
 

保険見直し相談

資産運用相談

住宅ローン相談
1年以内のマイホーム購入に関する相談をしたい方は ⇒ 住宅購入相談

ライフプラン シミュレーション

相談予約専用ダイヤル 0120-374-849(月〜土 10:00〜18:00)

 
 
 
◆39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン、今なら無料受講できる!◆
       はじめての保険見直し おとなの資産設計ガイド 住宅ローン不安解消レシピ わかる!退職ナビ 学資保険で足りますか?
平和すぎる相続の5ステップ これを知らずに家を買うな!


ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません。(
個人情報保護方針

Copyright(c) 株式会社 住まいと保険と資産管理 .All Rights Reserved.