保険見直し 資産管理 住宅ローン のFP診断&相談なら 住まいと保険と資産管理
トップページファイナンシャルプランナーによるお役立ち情報 > 自動車保険 特約
 


▼自動車保険の保険料が安くなる、様々な特約とは?


友人などと遠出のドライブをして、途中で「運転を変わろう」とハンドルを握る、という状況はめずらしくないことだと思います。そんな運転交代時に万一、大きな事故が起きたら大変です。

 任意自動車保険には、契約によって様々な補償範囲を限定する特約があります。その特約は補償範囲を小さくすればするほど、保険料が安くなる仕組みとなっています。そのため、その範囲外の人が車を運転して事故を起こした場合には補償されないのです。

 それでは、どんな特約があるのかを、見てみましょう!

               その人がその人らしく生きることを支援する

運転者年齢条件特約
 これは運転者の年齢範囲を限定する特約です。当然運転できる人の範囲の年齢を高い年齢に設定するほど保険料が安くなります。よくあるパターンは、年齢を問わず補償、21歳以上補償、26歳以上補償、30歳以上補償の4パターンです。「年齢を問わず補償」の保険料が一番高く、「30歳以上補償」の保険料が一番安くなります。
※最近は35歳以上補償タイプの保険も出ています。

家族限定特約
 これは運転する人の範囲を家族に限定した特約です。
 この場合の家族とは・記名被保険者と配偶者・同居の家族・別居の未婚の子供まで、となります。また、最近は夫婦限定特約や本人限定特約の保険も出ています。

 上記2つが、運転者を限定する代表的な特約です。
 運転者年齢条件特約を、「年齢を問わず補償」にして家族限定特約をつけなければ、誰が運転しても補償がされます。ですが保険料が高くなります。
 例えば、30歳以上の人が「30歳以上補償特約」と「家族限定特約」をつけている友人の車を運転して事故を起こした場合、年齢条件がOKでも家族以外の人の運転なので補償されません。

 ただし任意自動車保険には便利な特約があります。
 それは、“他車運転危険担保特約”と呼ばれるもので、自分や同居の親族が保険に加入している場合にその保険が、友人の車を運転中の事故の時も補償してくれるというものです。これは任意自動車保険に自動付帯されており、任意自動車保険に加入している人は、友人の車を運転する場合でも大丈夫いうことになります。

 多くの場合、この“他車運転危険担保特約”は友人の車に付いている保険に優先して保険金が支払われます。運転する人が仮に友人の保険の補償範囲内に入っていたとしても、友人の自動車保険に優先して保険金が支払われるため、友人の自動車保険の等級ダウンということにならずに済みます。

 しかし、自分や同居の親族が保険に加入していない場合に友人の車を運転する場合はどうでしょうか?
 その場合には、その友人にとって家族以外で年齢条件よりも若い人(補償範囲外の人)が臨時に車を運転している時に起こした事故による損害を補償する“臨時運転者特約”という特約があります。この特約は任意付帯になります。つまり、友人の車の保険にこの“臨時運転者特約”が付いていれば大丈夫ということです。

 通常は家族しか運転しないけれども、まれに友人が運転するとか、親戚の甥っ子が運転する場合がある、などというときは年齢条件をそのままにして(家族限定特約は付けられませんが)、この“臨時運転者特約”を付ければ良いことになります。臨時に運転する友人や甥っ子などのために、年齢条件を変えることより、それはそのままにして“臨時運転者特約”を付けるほうが保険料は割安になります。

 さらに友人ではありませんが、自分の子供が18歳になり免許を取ったら、契約の年齢条件を変えずに割安な保険料で、その子供を補償範囲にできる便利な“子供追加補償特約”という特約もあります。

 その他にも、自動車保険には自由化により様々な特約が出ています。現状の運転者の範囲、状況を勘案し今までご案内した特約やその他の特約を上手に組み合わせ、いかに安く、補償範囲のもれがないように自動車保険を掛けるかがポイントになると思います。
 是非みなさんも任意で加入する自動車保険を研究してみて下さい。

株式会社 住まいと保険と資産管理
ファイナンシャルプランナー 塩川 卓司



このお役立ち情報で「自動車保険 特約」についての理解が深まりましたか?

※以上は、独立系FP会社 住まいと保険と資産管理に所属するファイナンシャルプランナー
が執筆をして、2007年12月3日にMSNマネーに掲載されたコラムを一部編集したものです。




▼3つの領域(住宅購入・保険見直し・資産管理)に強い
ファイナンシャルプランナーの初回相談(3,150円、60分)をご希望の方は


 相談予約専用ダイヤル 0120-374-849 (月〜土 10:00〜18:00)

全国ファイナンシャルプランナー一覧
  FP相談予約フォームはこちら

※地域、相談内容、業務多忙等の理由により、担当FPの希望には
お応えできない場合がありますことを、ご了承ください。


朝日新聞・読売新聞・日本テレビ・フジテレビなど、様々なメディアにて
中立的な専門家として100回を超える紹介をいただきました (詳細はこちら
住まいと保険と資産管理の「3つの領域に強いFP」が、慎重なあなたを親身にサポートします

 動画でわかる! FPサービスガイド
FP相談サービスに関する案内資料(無料)を請求
 ファイナンシャルプランナーの相談サービスに関する「Q&A」
 

保険見直し相談

資産運用相談

住宅ローン相談
1年以内のマイホーム購入に関する相談をしたい方は ⇒ 住宅購入相談

ライフプラン シミュレーション

相談予約専用ダイヤル 0120-374-849(月〜土 10:00〜18:00)

 
 
 
◆39歳までに受けておきたい《お金の不安がなくなる》マネーレッスン、今なら無料受講できる!◆
 はじめての保険見直し おとなの資産設計ガイド 住宅ローン不安解消レシピ わかる!退職ナビ 学資保険で足りますか? 
平和すぎる相続の5ステップ これを知らずに家を買うな!


ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません。(
個人情報保護方針

Copyright(c) 株式会社 住まいと保険と資産管理 .All Rights Reserved.