どうすれば、リスクを最小化した上で不動産投資による安定収入を得られるのか?
 

10年以上の実績がある独立系FP会社 住まいと保険と資産管理(詳細はこちら)では、
お客様が望むライフプランを実現するために「不動産投資」を用いるのが適切と思われる場合、
総合的な資産管理サポートの一環として《リスク軽減》を最も重視した不動産投資をサポートしています



はじめまして。(株)住まいと保険と資産管理 代表取締役社長
白鳥光良(しらとりみつよし)と申します。
  


当ページでご案内する「はじめての不動産投資サポートパック」では、
不動産投資にとどまらず、金融資産全体のバランスに関するアドバイスも含めた
お客様が望むライフプランを実現するための資産管理の相談を提供しているのですが、

まず最初に、これから不動産投資をスタートしたいと考えている方には、読まないと
後悔する
可能性がある2つの「リスク軽減」に関する情報をお伝えします。


不動産投資は、うまく実行することができれば、

 ○今後の資産形成がスピードアップする

 ○定期的に入る現金収入を確保することにより、
  リタイア後(早期リタイア後)の安心が増える


などの実現が見えてきますが、

一方、不動産投資には特有の特徴・リスクがあって、
知らないうちに落とし穴にはまってしまうと
リカバリーが難しい
こともあります。


1つ目の「リスク軽減」に関する情報です。
まずは次の質問に目を通してください。

【質問】
 不動産投資を検討する時に、リスクを管理するために
 まっさきに行うべきことは、なんでしょうか?


【正解】

 ◇ いい投資用物件の情報探し??
  …「地域」「間取り」「築年数」「構造」などの物件の属性や、固有の事情によって
  投資用物件の特徴が変わりますので、きちんと物件を見極めることは大事です。

 ◇ どんなローンを借りられるか確認すること??
   …ローンの条件は、投資物件の絞り込みや、不動産投資の収益を
   シミュレーションする上で欠かせない要素ですね。

  どちらも大切なことですが、正解は他にあります。


 ◎ 正解は、

  「しっかりと、自分のファイナンシャルプランを立てること」です。

    (ベストセラー「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏も、
     「まずは自分のファイナンシャルプランを作ることが大切」という趣旨のことを
     いくつかの著書で繰り返し語っていますよね!)


  ファイナンシャル・プラニングでは、現在の金融資産だけでなく、
  今後の働き方、家族構成、これから経験したいライフイベント等、
  それぞれの背景を踏まえて想定するライフプランをベースに、

  不動産投資をはじめた時の今後のキャッシュフローも確認しましょう。


  まず自分のファイナンシャルプランを作ることによって、

  ・今投資を実行しても、キャッシュフロー上の問題が起こらないか。
  ・自分にとっての不動産投資の「適切なサイズ」はどのくらいか。
  ・不動産投資の成功シナリオと、リスクシナリオ、それぞれの展開。

  などの情報を、得ることができます。

 不動産投資は、(フルローンで投資をはじめる、一部の例外を除いて)
 最初に資金を投入することが通常ですので、
 一定期間は資金の持ち出しになります。


 そのため、

  どれくらいの資金・期間を、先行投資できるか?
  リスクシナリオにおいて、どれくらいの損失までなら回復できるか?

 といった見極めが大切なのです。

 ファイナンシャルプランは、キャッシュフロー作成や不動産投資について、
 十分な知識と時間があれば、個人でも作成可能です。(「はじめての不動産投資
 サポートパック」では、はじめにFPによるファイナンシャルプラン作成をおこないます




 続いて、2つ目の「リスク軽減」に関する情報は、
 投資用不動産の選定についてです。

 投資用不動産には、様々なタイプがあります。

 構造は「一戸建て」と「区分所有」
 (区分所有の中でも 「ワンルーム」と「ファミリータイプ」)。
 立地は「都心」と「郊外」。 他にも築年数など、
 様々な切り口で分けられます。

 物件の選択は、投資の狙いによって正解はひとつではありませんが、

 ・はじめて不動産投資をする場合を想定した、
  「リスク軽減」を重視した場合の物件選びのアプローチ


 ・実際にこのアプローチで投資をおこなった方の事例
  (「はじめての不動産投資」サポートパックを利用された方のインタビューです)

 をご紹介いたします。



●リスクを最小限にする《4つのスクリーニング》とは?

「はじめての不動産投資」では、失敗する確率をできるだけ減らして、
安心感のある1件目を持っておきたいものですよね。

ここでは、はじめての不動産投資のリスクを徹底的に抑えるための、
3つのスクリーニング(絞り込み条件)をお伝えさせて頂きます。

【スクリーニング1】 「都内の駅徒歩レベル物件」に絞る

不動産投資で、まず避けたいシナリオは「慢性的な空室」です。

なぜなら、空室が続いて家賃が入らないと、
ローンの返済分が持ち出しになってしまうからです。

これを避けるためには、築年数の経過や環境の変化が
あっても決して失われない《利便性》
があると言える、


      「都内の駅徒歩圏レベルの物件」


に絞ることが、はじめての不動産投資のリスクを
軽減する第1の方法となります。


  参考情報1:不動産投資における注意点(都心の物件がいい?)
  参考情報2:不動産投資におけるリスクへの対応(空室リスク)


【スクリーニング2】 空室でも売れる「ファミリータイプ」に絞る

ここは、3つの条件の中で最も常識とは異なっていて、
極めて重要な部分ですので、じっくりお読みください。

はじめての不動産投資といえば、
「ワンルームマンション投資」が一般的です。

しかし、投資用ワンルームマンションにおいては、
いわゆる家賃保証があっても避けることができない、
最も避けたいシナリオがあります。

それは「まともな金額での売却が困難な状態」です。

1つの事例を挙げてご説明しましょう。

私がファイナンシャルプランナーとして総合的な
資産管理のサポートをさせて頂いているあるお客様は、
10年以上前から投資用ワンルームをお持ちでした。

その保有を継続している間は、
一定条件の家賃保証もあって、家賃の範囲内で
物件のローンが返済できて、問題ありませんでした。

しかし、その物件が築20数年と老朽化してきたので
売ろうと思ったら・・・

築年数が古くなったことと、
賃料水準が少しずつ下がってきたことで、
物件の相場はかなり低くなっており、
まともな金額どころか、
ローンの残高を上回る金額での売却も難しい

という状態に直面しました。

ワンルームマンションは「自分で住むために買う人」は
わずかで、「投資として買う人」がほとんどのため、
古くなったり空室が出やすい状態になってくると、
投げ売りしないと売れない状態に陥る可能性があるのです。


新築ワンルームは、提携ローンが通りやすくて買いやすいのですが、
 5〜10年で売却する場合の下落率は3割を超える場合が多いうえに、
 実質利回りが相対的に低めのため、個人的にはおすすめしません)



――さて、不動産投資において、
このような「出口がない(売却に困る)」状態
を避けるには、どうしたらいいでしょうか?

答えは「空室になった方が、買い手が多くなる物件」にあります。

でも、そんな都合の良い物件、本当にあるのでしょうか?


ヒントは「一般の生活者が自分で住みたい物件」です。


 それは・・・分譲ファミリータイプの物件です。


2人以上で住める広さの分譲マンションでも、
賃貸中の物件(オーナーチェンジ物件といいます)は
「投資家」しか買いません
ので、他の投資用物件とシビアに
利回りを比較されて低めの相場になりがちです。

しかし、分譲ファミリータイプの物件(約40u〜)が空室になると、
不動産投資家よりも圧倒的に多い「家族で住みたい一般の人」
(結婚したばかりの人から退職後の夫婦まで)が買い手に

なりますので、マーケットが広がる分、賃貸中の同じ物件よりも
やや高め(+10%等)の相場傾向があります。

つまり、約40u〜の分譲ファミリータイプの物件には、
ワンルームにはない「空室メリット」(!)があるのです。

というわけで、出口(売却時)のマーケットが広いために、
空室なら購入時よりも高く売れる可能性も期待できる、

1000万円台後半〜2000万円台の分譲ファミリータイプ

に絞ることが、はじめての不動産投資のリスクを軽減する
極めて重要な・・・第2の方法となります。


 (なお「一棟もの」は、多額の自己資金と借入れが必要でリスクが高い、
  換金したくなってもすぐには売れない、などの注意点があり、はじめての
  不動産投資としてはオススメしませんので、ここでは省略します)




【スクリーニング3】 「築5〜20年の中古物件」に絞る

一般に、マンションの売買相場は、
新築から5年間はハッキリと下落するものの、
築浅物件を脱した5〜10年目前後には微妙な下げに転じ、
10年目くらいからはフラットに近い値動きになるのが一般的です。

よって、賃貸中の分譲ファミリータイプの物件に投資をして、
5〜10年保有してから買値水準以上で売却することを目指すなら、

ファミリータイプの中でも、相場が下がりにくい


   「築5〜20年の中古物件」を中心に選ぶ


ことが、はじめての不動産投資のリスクを
軽減する第3の方法となります。


  参考情報: 不動産投資における注意点(新築と中古)





《4つのスクリーニング》をクリアした物件に投資する前に

ここまでお話した、

 「都心通勤圏の駅徒歩10分以内、
  築5〜20年の分譲ファミリータイプの賃貸中のマンション」で、


各種管理費や固定資産税等を差し引いた実質利回りが5%台
以上の物件であれば、500万円前後〜の頭金を用意できる方は、
本格的に投資を検討をしてもいいでしょう。

しかし、投下資本の利回りシミュレーションだけでは不十分です。

「ファイナンシャル・プランニング」という、
個人の将来のお金のシミュレーションを行うことを抜きにして、
まとまった金額が動く不動産投資の決断をしてはいけません。

なぜなら、今あなたが持っているお金をどのタイミングで使う必要が
あるかによって、不動産投資に回せる自己資金は変わってきます
し、
不動産収入は「総合課税」といって給与収入等と合算して税金が掛かり
ますので、他の収入の水準によっても投資の成果が異なるからです。

《3つのスクリーニング》をクリアした物件に投資する前に、
個人のファイナンシャル・プランをしっかり作成することで、
あなたが将来に必要なお金を準備できなくなるリスクを軽減しましょう。




●《はじめての不動産投資サポートパック》とは?

「はじめての不動産投資」サポートパックは、

 1.6ヶ月以内に不動産投資をスタートしたい
 2.不動産投資の頭金に500万円〜の余裕資金をまわすことができる
 3.しっかりとファイナンシャルプランを作成して、不動産投資の予算を検証したい


という3つの条件を満たす方のみ、ご利用いただけるサービスです。


このサービスでは、2名の経験豊富なアドバイザー(監修者)が、
担当ファイナンシャルプランナーと連携して本格的なサポートを行います。

 (2名の専門家が対応できる時間には限りがあるため、
  本格的なサービスの利用は毎月3名を限度とさせて頂いております)

   ▼東京本社相談ルームの様子
   

具体的な業務の流れは、以下の5つのステップにて行います。

 1.初回カウンセリング
          ↓
 2.ファイナンシャルプラン作成のためのカウンセリング
          ↓
 3.不動産投資を含めたファイナンシャルプランの作成&提案
  (様々な物件情報、良質な物件情報の提供やアドバイスを含む)
          ↓
 4.不動産投資プランの実行サポート
          ↓
 5.不動産投資のアフターフォロー


この専門サービスを利用することによって、不動産投資における
物件のリスクを最小限に抑えながら、将来に渡って必要十分なお金
を準備できる可能性を高める
ことができます。


このような専門サービスを利用したい方は、

《「はじめての不動産投資」サポートパック》のご案内をお読みのうえ、
  「初回カウンセリング(約45分、税込3,000円)」からご利用ください。

 (月〜金 10:00〜20:00、TEL 0120-374-849 までどうぞ)





【参考】 「はじめての不動産投資」サポートパック 〜お客様Q&A

この専門サービスを利用して、不動産投資をスタートされた
(株)創コンサルティング 代表取締役 海野みづえ様 より頂いた
メッセージの一部を紹介させて頂きます。 (インタビュー:白鳥光良)

Q「どのようなきっかけや理由で、
  今回のサービスを利用されましたか?」

A「インターネットでこちらのサイトを拝見し、問い合わせました。
  株や投資信託と いった金融商品以外での資産運用を考えていたので、
  その関心にあったサービスとして目に止まりました。」


Q「様々な専門業者や類似サービス提供会社の中で、弊社
  (住まいと保険と資産管理)をお選び頂いたのは、なぜでしょうか?」

A「独立の立場で、顧客の側にたったアドバイスをして
  もらえそうだったので。 また、ウェブに書かれていた
  不動産投資のポイントが、大変納得できたことも理由です。」


Q「弊社が提供させて頂いた専門サービスについて、
  どのような点に高い付加価値を感じましたか?」

A「要点をしっかりお話いただき、
  そこから実際の案件をひとつひとつ説明してもらったので、
  全体観がよくつかめました。 また当方の条件を考えながら、
  テーラーメイドにやっていただけたと思います。」


Q「最後にひとこと、メッセージをお願いします」

A「どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いします。」

 株式会社 創コンサルティング 代表取締役 海野みづえ様 


【担当ファイナンシャルプランナーからのメッセージ】
 海野様は、CSRマネジメント等の最先端の領域で様々な大手企業に
 コンサルティングを提供されている第一人者のひとりですが、そのような
 本質を見分ける目を持った方に当サービスを評価いただき嬉しく思います。
 今回の不動産投資はまだスタートしたばかりですが、10年後に「このサービス
 を利用して本当に良かった」と思って頂けるようサポート致します。(白鳥光良)





対象となる方

3〜6ヶ月以内に《3つのスクリーニング》を通過した不動産物件(駅徒歩圏の分譲ファミリータイプ)への投資を実行したいと考えている方。
個人の総合的なファイナンシャルプランを作成して、出口(売却タイミング)も事前に想定した上で、不動産投資をスタートしたい方。
不動産投資の自己資金として500万円前後〜ご用意できる方。
(できれば金融資産2,000万円以上の方の、分散投資先の1つが望ましい)



特徴

1. 「不動産投資はじめ方マニュアル」著者を含む、2人の専門家によるダブル監修
不動産投資はじめ方マニュアル
▼ファイナンシャルプラン作成/不動産投資シミュレーション 責任者
白鳥光良(しらとりみつよし) 1973年生まれ。上智大学経済学部経済学科卒業。外資系コンサルティング会社の勤務経験を経て、(株)住まいと保険と資産管理 代表取締役社長。1級ファイナンシャルプランニング技能士(資産設計提案業務)、CFP認定者。武蔵大学経済学部金融学科非常勤講師(「ファイナンシャルプランナー演習」担当)。主な著書に「65才までにあと“3000万円”ムリなく貯める!!」(ローカス)がある。これまでに《ワンルーム・ファミリータイプ・一棟もの》いずれも保有した、親の不動産管理会社をサポートしている。宅地建物取引主任者。
▼投資用不動産の仲介業務 責任者
飯田 敏(いいださとし) 20年以上、800件以上の不動産購入サポートに携わってきたファイナンシャルプランナー。NPO法人日本FP協会会員、宅地建物取引主任者。1963年生まれ、日本大学文理学部卒。大手不動産会社にて売買仲介担当として10年勤務。外資系生命保険会社でのコンサルティング営業を経て、(株)住まいと保険と資産管理 取締役営業本部長。主な著書に「不動産投資はじめ方マニュアル」(技術評論社、共著)がある。
(担当FPと2人の監修者が共同でサポートさせていただきます。時間の限りがあるため、当サービスの利用開始は毎月3名を限度とさせて頂きます)
2. 不動産投資を行った場合の、個人の総合的なファイナンシャルプランを作成
あなたが具体的に不動産投資を行った場合における、今後20〜40年の収支や貯蓄残高の推移を予想する、総合的なファイナンシャルプランを作成することで、個人レベルの財務リスクを軽減します。
3. リスクを最小化する《スクリーニング1〜3》をクリアした物件情報を提供
「都内の駅徒歩圏を中心とした、築5〜20年の分譲ファミリータイプ、賃貸中」
の物件(実質利回り5%以上)の情報を中心に提供
します。
4. 不動産仲介業務の経験豊富な担当者によるサポートを受けられる
物件の外観や周辺環境を資料と合わせて確認いただいた上で「本格的に購入を検討したい」という物件が1〜2戸に絞れたら、不動産仲介業務の経験豊富な担当者(飯田 敏)が現地を確認して大きな問題がないかチェック致します。購入を希望される場合には正式に仲介業務をお受けいたします。
5. 不動産投資に利用できるローンを扱う金融機関の紹介が可能
これまでに当社が投資用物件の購入をサポートしたお客様が利用している、妥当な金利水準の不動産投資用ローンを扱っている金融機関(複数あります)を紹介することが可能です。
6. 不動産仲介手数料は、通常よりも約0.5%低い優待価格が適用されます
不動産業者に仲介を依頼する場合の手数料は成約時に3.24%+6.48万円が一般的ですが、当サービス利用者は成約時に2.7%+6.48万円という有利な条件で質の高い仲介業務を行います。
7. 不動産物件購入後の賃貸管理についてもサポート可能です
もしご希望があれば、購入物件の賃貸管理(管理料:賃料の5%相当)を当社にてお受けできます。ご自身で管理を行われる場合でも、購入から1年間は賃貸管理でお困りの際にご相談をお受けします。



通常の不動産投資までの流れ
当サービスの利用メリット
不動産投資の本を読む
(個人での限界あり?)
 初回カウンセリングで、具体例も見ながら
 メリット・デメリット・注意点を一緒に確認
(本2冊分の料金で、個別レッスンが受けられる)
不動産業者へ行く
(どんな担当者に当たるか不安?)
 経験豊富なファイナンシャルプランナーに
 個別相談&総合的なプランの作成

(不動産投資時のファイナンシャルプランを作成)
(あなたの疑問と不安がスッキリ解消)
物件をいろいろと紹介される
(煽られる場合も?)
 《スクリーニング1〜3》 をクリアした
物件を中心とした情報提供

(一定の安心感がある物件に絞って時間節約)
(複数の物件を比較して投資シミュレーション)
購入申込&契約
(目をつぶって気合で決断!)
 不動産仲介経験の豊富な担当者による
 優待価格での仲介サポートを受ける

(20年以上の実務経験、飯田敏がサポート)
(妥当な金利水準の金融機関の紹介も可能)
(不動産仲介手数料は優待価格にてご提供)
物件購入の完了
(後から生じる様々な不安)
 《スクリーニング1〜3》 をクリアした
 物件購入の完了、不動産収入の発生

(2人の専門家によるサポートを受けて、総合的なファイナンシャルプランを作って、各スクリーニングを通過した物件を購入した安心感)
 ↓
もし、賃貸管理のトラブルが発生したら?
 購入後、1年間の個別相談サポート
(賃貸管理を当社でお受けすることも可能)


【特徴のまとめ】

 当サービスを利用すると、 2人の専門家によるダブルサポートが受けられて、
 不動産投資をした場合の個人のファイナンシャルプランが作成できて、
 《スクリーニング1〜3》を通過した物件の紹介を受けて、購入が実践できて、
 不動産仲介経験の豊富な担当者による優待価格での仲介サポートが受けられて、
 不動産投資のローンを取扱う金融機関の紹介を受けることもできて、
 購入完了後のアフターフォローも受けることができます!




●《はじめての不動産投資サポートパック》のサービス内容は?

1.初回カウンセリング(JR水道橋1分、東京本社相談ルーム)

◆当サービスの趣旨について改めてご説明しながら、ご希望をお聞きします。

《スクリーニング1〜3》 をクリアした具体例な例について
 物件情報をいくつか取り上げて説明することが可能です。

◆投資用不動産を購入する場合における20以上の注意点について、
 一緒に確認をしながら考慮すべきリスクの理解を深めます。

◇資産・負債の状況および今後の収支の概要をお聞きした上で、
 約500万円前後〜を不動産投資の頭金に回せると当社が判断し、
 当サービスの利用を希望される場合
は、
 ファイナンシャルプラン作成のためのカウンセリングに入ります。



2.ファイナンシャルプラン作成のためのカウンセリング

◆ファイナンシャルプラン作成のために、将来の支出や収入に
 関する詳細な情報にお聞きして、確認を行います。

不動産投資の出口(売却タイミング)を想定できるように、
 将来、貯蓄を取り崩す可能性が高いタイミングも確認します。


3.不動産投資を含めたファイナンシャルプランの作成&提案

◆あなたの場合において「将来使うお金が足りるために必要な目標利回り」
 をシミュレーションします。

不動産投資を行った場合における、
 将来の支出や収入の目安、貯蓄残高の推移
の目安がイメージできる
  「キャッシュフロー表」を合わせてお作りします。

◆ファイナンシャルプランに合った投下資本利回りが期待できる
 《スクリーニング1〜3》をクリアした複数の不動産物件を紹介してご説明します。


4.不動産投資プランの実行サポート

◆《スクリーニング1〜3》 をクリアした不動産物件について、
 現地を見て回れるようにご案内をします。

◇投資用の不動産物件は、賃貸中のため「内見」ができませんが、必要に応じて
 不動産仲介業務の経験豊富なスタッフが周辺環境をチェックいたします。

具体的に購入を希望する物件が生じて、正式に仲介業務をご依頼頂ければ、
  申込から契約・重要事項説明を含めた不動産仲介業務を行います。
  (仲介手数料は2.7%+6.48万円です)

◇《スクリーニング1〜3》 をクリアした不動産物件に利用できるローンを取り扱っている、
  妥当な金利で融資を受けられると想定される金融機関をご紹介します。

◆プラン実行にあたってお困りのことやご不明な点がありましたら、
 些細なことでも遠慮なくお聞きください。


5.不動産投資のアフターフォロー

◆必要に応じて、面談・電話・メールによる個別相談を行います。

◇もしご希望があれば、購入物件の賃貸管理(管理料:賃料の5%)を当社にてお受けできます。

◆ご自身で管理を行われる場合でも、購入から1年間は賃貸管理でお困りの際に
 ご相談をお受けします。





【運営会社】
株式会社 住まいと保険と資産管理

2000年1月に創業。「その人がその人らしく生きることを支援する」を企業理念とする、社名の3つの領域(住まい、保険、資産管理)に専門特化した独立系ファイナンシャルプラニング会社。

住まいと保険と資産管理は、朝日新聞、読売新聞、日本テレビ、フジテレビなど、様々なメディアで中立的な専門家としてご紹介いただいております。 (詳細は こちら


【サービス監修者のプロフィール】
※担当ファイナンシャルプランナーが監修者と共同でサポートします。
▼「ファイナンシャルプラン作成」「不動産投資シミュレーション」 に関するメイン担当(監修)

白鳥 光良 (しらとりみつよし)

白鳥光良 1973年千葉県生まれ。上智大学経済学部経済学科卒業(ポートフォリオ理論を専攻)。外資系コンサルティング会社において、生保・損保・ローン保証機関など、様々な金融機関のコンサルティングに携った。

株式会社 住まいと保険と資産管理 代表取締役社長。武蔵大学経済学部金融学科非常勤講師(「ファイナンシャルプランナー演習」担当)

1級ファイナンシャルプランニング技能士(資産設計提案業務)、
CFP認定者、NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員
主な著書に「65才までにあと“3000万円”ムリなく貯める!!」(ローカス)がある。

《ワンルーム・ファミリータイプ・一棟もの》いずれにも投資・保有をしたことがある、
不動産管理会社のクライアントを継続的にサポートしている。 宅地建物取引主任者。

▼「投資用不動産の仲介業務」に関するメイン担当(監修)

飯田 敏 (いいださとし)

飯田敏 これまでに800件以上の住宅・不動産購入サポートに携わってきた「住宅購入相談に強い」ファイナンシャルプランナー、宅地建物取引主任者。

昭和38年千葉県生まれ、日本大学文理学部卒。大手不動産会社にて売買仲介担当として10年勤務。外資系生命保険会社でのコンサルティング営業を経て、(株)住まいと保険と資産管理 取締役営業本部長。

「ダイヤモンド・ザイ」にて住宅ローン特集を執筆および監修、「MSNマネー」にて住宅ローンに関するコラム(アパートローンも含む)を多数執筆。投資用不動産の仲介業務経験も豊富で、主な著書に「不動産投資はじめ方マニュアル」(技術評論社、共著)がある。

【動画】 はじめての不動産投資サポートパックはどのようなサービスですか?(1分28秒) 




料金

▽初回カウンセリング(約45分)のみで終了する場合

《初回相談料:3,000円(税込)》


▼「はじめての不動産投資」サポートパックご利用の場合

不動産投資をした場合のファイナンシャルプラン作成
スクリーニング1〜3 を通過した物件の情報提供
各種シミュレーションや個別のアドバイス

《年間サポート料金:129,600円(税込。月額10,800円相当)》


 (当分野のサポートができるFPは限られているため、
  当サービスの利用開始は毎月3名を限度とさせて頂きます)

▽具体的な物件を購入される場合(不動産仲介業務)

特定の物件の購入申込→契約→決済をご希望の場合

上記の年間サポート料金とは別に、
《不動産仲介手数料:物件価格×2.7%+6.48万円》
が必要となります。






お申込み


●ご相談を希望される方は、
 まず
初回カウンセリング(3,000円)をご利用ください。

   ▼東京本社相談ルームの様子
  

●お電話でのご予約を希望される方は、
 Tel
0120-374-849 (月〜金 10:00〜20:00)まで、
 「はじめての不動産投資」初回相談予約希望の旨をお伝えください。


●ウェブ上からのご予約を希望される方は、
 以下の内容をご記入の上、
送信ボタンを押してください。






※お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません。(個人情報保護方針





【参考】 もっと不動産投資を勉強したい方は、こちらの記事で!

気になるタイトルの記事があったら、1つか2つクリックしてお読みください。

なぜ、いま不動産投資を真剣に検討する価値があるのか?

不動産投資における注意点(不動産投資失敗事例)

不動産投資における注意点(新築と中古)

不動産投資における注意点(都心の物件がいい?)

不動産投資における注意点(節税?)

不動産投資における注意点(税金対策その1)
不動産投資における注意点(税金対策その2)

不動産投資におけるリスクへの対応(空室リスク)
不動産投資におけるリスクへの対応(滞納リスク)

不動産投資における用語(借入金利息その1)
不動産投資における用語(借入金利息その2)
不動産投資における用語(借入金利息その3)

不動産投資における用語(減価償却)

不動産投資における用語(ファイナンス その1)
不動産投資における用語(ファイナンス その2)

不動産投資における用語(表面利回り)
不動産投資における用語(実質利回り)
不動産投資における用語(投下資本収益率)


上記のような内容については「初回カウンセリング」において
お客様と一緒に確認しながら理解を深める時間もあります。
初回相談から気軽にご利用ください。



受付カウンター  株式会社住まいと保険と資産管理

 会社概要 MAP

住まいと保険と資産管理に所属するファイナンシャルプランナーは、朝日新聞、読売新聞、日本テレビ、フジテレビなど様々なメディアで中立的なお金の専門家としてご紹介いただいております。 おかげさまで10周年――皆様のご愛顧に心より感謝いたします。(詳細は こちら



Copyright(c),(株) 住まいと保険と資産管理 .All Rights Reserved. 一部または全部の無断転載を禁じます

HIA TOPへ