住まいと保険と資産管理・ホーム> 女流棋士の「ライフプラン診断」体験インタビュー


▼女流棋士の「ライフプラン診断」体験インタビュー (石橋幸緒女流四段)

将棋の世界で女流王位、女流王将などのタイトル実績がある、日本女子プロ将棋協会代表理事で
女流棋士の石橋幸緒先生が「HIAライフプランカップ」(2011年11月)優勝の副賞として
ライフプラン診断を体験。直後の感想をインタビューさせて頂きました。


  
 弊社の企業理念を揮毫した扇子を頂きました

【インタビュアー】
「これまでに、ご自身のライフプランを作られたことはありましたか?」
【石橋幸緒さん】
「作ったのは初めてです。これまでにも白鳥さんとは色々とお話しする機会があり、ライフプランについても他の女流棋士が実際に体験した感想を何度も聞いたりしていましたが、今回、自分で体験して初めて『ライフプランはこうやってなりたつのか!』とわかりました」
【インタビュアー】
「HIAのライフプラン・シミュレーションを体験した感想は、いかがでしたか?」
【石橋幸緒さん】
「今までに、自分に関することを家族以外に相談した経験は一度もなかったので新鮮でした。 漠然とした今後の人生やお金のことを数字やグラフに置きかえることで『将来はこんな感じになる』という目安ができたことは本当によかったです」

オーダーメイドの「ライフプラン提案書」を手にして笑顔の石橋先生

【インタビュアー】
「今回のプランニングに際して『住まいと保険と資産管理』の東京本社オフィスにお越し頂きましたが、事務所の雰囲気はどう感じましたか?」
【石橋幸緒さん】
「明るくて、とても話しやすい雰囲気ですね。10名以上のスタッフの方がいらっしゃるようですが、お茶を出してくださった方など若い方も多くて、なじみやすい感じです」
【インタビュアー】
「実際に体験されたライフプランを含む、ファイナンシャルプランナーのサービスはどんな人に向いていると感じましたか?」
【石橋幸緒さん】
個人事業の人には特に向いていると思いました。収入だけでなく、将来の年金や保険に関しても個人事業では不安定な面があるので、ライフプランを含めた大きな指針ができるのは心強いと思いました」
【インタビュアー】
「今回のプランニングを通じて『住まい』の領域で気付いたことはありましたか?」
【石橋幸緒さん】
「今後の自分自身の希望があっても、具体的に考えたことはなかったので、おかげさまで1つの目安ができました。不動産の購入や売却のシミュレーションも参考になりました。 数千万円のマイホームを購入した後にローンの返済で困っている人の話などはよく聞きますので、人生の重要な決断の前にライフプランを考えておくことは大切と思います」
【インタビュアー】
「今回のプランニングを通じて『保険』の領域で気付いたことはありましたか?」
【石橋幸緒さん】
「今回は自分の個別のニーズに合わせて応えて頂いたので、ありがたく思っています。保険に関しては自分で情報を探していても判断が難しかったのですが、これで情報を比べるための具体的な基準ができました」
【インタビュアー】  「今回のプランニングを通じて『資産管理』の領域で気付いたことはありましたか?」
【石橋幸緒さん】  「この分野は全く考えたことがなかったので、その一端がわかって勉強になりました。経済のニュースを見てもよく分からないことについても、新たな視点が得られました」


右側の盤面は、石橋先生があるタイトル戦で指した渾身の一手

【インタビュアー】
「ご自身のライフプランの現状を、将棋にたとえると、今はどんな局面ですか?」
【石橋幸緒さん】
「私の人生は序盤から角交換して馬を作られて、自玉を危険にさらすような乱戦模様でしたが、今は局面が落ち着いたので自陣を固め直して『そろそろ本格的に仕掛けるか、それとも待つか』という状態にあると思います。 今年の10月で女流棋士になって丸20年ということもあり、そろそろ転機が近いのかなと感じます」
【インタビュアー】 「もし『ライフプラン』(ファイナンシャルプラン)を将棋にたとえると、どんな言葉で表現できるでしょうか?」
【石橋幸緒さん】  ライフプランは『その人に合った定跡書』。自分の人生に合ったお金の定跡を一緒に考えてくださるものだと感じました」
【インタビュアー】  「これは・・・名言が出ました! 続いて、全国800万人の将棋ファンの方々に、メッセージをお願いします」 
【石橋幸緒さん】  「ライフプランを作って頂くことは『プロ棋士に棋譜診断をしてもらう』ような意味合いがあると思いました。自分の棋譜をプロと一緒に振り返って、今後の将棋の指し方に関して客観的なアドバイスをもらうようなものですね。 実際に自分でライフプランを受けてみると、今後の人生における『指し手』の幅が拡がった感覚があります。このサービスに関心のある将棋ファンの方は、ぜひ気軽に一度利用してみては?」

住まいと保険と資産管理 東京本社の受付デスク前にて

【インタビュアー】
「お言葉ありがとうございます。もう1つ便乗してお聞きしますが、多くの将棋ファンが知りたい『将棋が強くなる方法』を教えていただけますか?」
【石橋幸緒さん】
「多くの人に効果のある方法は、毎日5~10分でいいので詰め将棋を解くこと。簡単なものでよくて、同じ本を何度も繰り返すだけでも、読みの力が高まります。 また、自分より二段ほど強い人と実戦で指す機会を増やすこと。苦しいのですが、強い人に負かされる過程で、様々な個性ある強さを吸収できるので上達できます。 ライフプランに関して同じ知識レベルの人と話しても世間話だけで終わりますが、プロのファイナンシャルプランナーと話すと視点が1つ上がる…という感じです」
【インタビュアー】
「将棋が強くなる実践的なアドバイスまで頂き、ありがとうございます! これからも石橋先生のご活躍を期待しつつ、心より応援しております」

▼おすすめ情報

バックナンバーもありますので、関心のある方はこちらもどうぞ。
それぞれに個性ある、興味深い感想を読むことができます。

ライフプラン診断 体験インタビュー(中井広恵女流六段・植山悦行七段)ライフプラン診断 体験インタビュー(中倉宏美女流二段)ライフプラン診断 体験インタビュー(島井咲緒里女流二段・横山泰明六段)

また、今回ご紹介した女流棋士の石橋幸緒さんが代表理事を務める、
日本女子プロ将棋協会(LPSA) のホームページも是非ご覧ください!





住まいと保険と資産管理・ホーム> 女流棋士の「ライフプラン診断」体験インタビュー

ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません。個人情報保護方針