住まいと保険と資産管理・ホーム> プロ棋士ご夫婦の「ライフプラン診断」体験インタビュー


動画でわかる!「住まいと保険と資産管理」のFPサービスガイド


女流名人・通算9期、女流棋士で通算勝数トップ(500勝突破)の実績を誇る、
日本女子プロ将棋協会(LPSA) 前代表理事を務めた中井広恵先生のご夫婦が
ファミリーカップ優勝の副賞として「ライフプラン診断」を体験、その感想を伺いました。


【インタビュアー】
「中井広恵先生は、《ファイナンシャル・プランニング》についてのイメージを持っていましたか?」
【中井さま】
「以前から知っていたましたが、白鳥さんのお話によって、よりイメージが膨らみました。 実際に相談を頼むのは恐い部分もあったけれど・・・」
【インタビュアー】
「植山悦行先生は、今回のプランニングで、1回目の面談に来られるまでに不安はありましたか?」
【植山さま】
もちろん不安だらけでした。これまで見直しをしてきてない、今の生活をみてみると、ムダが多いことに気付きました。夫婦の年が離れているので、プランを立てるのが難しいのではないか、という不安がありました」
【インタビュアー】
「これから10年後、20年後に関して、今回のファイナンシャルプランを作るご相談を受ける前に不安なことはありましたか?」
【中井さま】
「主人が言っていたように、自分が家計簿を全くつけないのと、夫婦共に無頓着なことによって、かなりムダな支出が多いことが不安でした。 職種的に安定した収入を得ることはできないので、人生の先が心配でした」

【インタビュアー】
「HIA(住まいと保険と資産管理)のオフィスに初めて来たときの、第一印象はいかがでしたか?」
【中井さま】
「オフィスの雰囲気もすごく明るいし、内容的には厳しいこと・・・例えば教育費の負担で貯蓄を取り崩すシナリオなども明るく言ってくれるので、悲壮感を感じることもなく、話を聞くことができました」
【インタビュアー】
「今回、様々な世代や職業のお客様が利用されている《ライフプラン・シミュレーション》のサービスを受けてみて、一番印象に残ったことは?」
【植山さま】
「『○年後から○年後に家計の支出のピークが来る!』 『15年は頑張らなきゃいけない!』というような言葉が非常に参考となりました。また、保険の話も具体的で良かったです」
【中井さま】
「ムリをしなくても改善が出来る、というのを提案していただいて非常に良かった。
ムリをして切り詰めて行けば今後が楽になるというのは分かるのですが、そこまで生活水準を落とさない支出の減らし方や運用の方法を提案していただいて、良かったです」
【インタビュアー】
「今回のシミュレーションでは、優先順位の高い『旅行の予算』は削っていないですものね(笑)」」

【中井さま】
「そうですね!(笑) これをしないと生活が変わってしまいますもんね(笑)」
【インタビュアー】
「《将棋》と《ファイナンシャル・プラン》を比べた場合に、共通する点はありますか?」
【植山さま】
「先を読みたいんですけど、中々人生は先を読めない…ただ、読めないで終わってるのではなく、具体的に説明していただくと非常に分かりやすいですので、個別のプランを作っていただいて本当によかったなと思います」
【中井さま】
「やっぱり大局観が大切ということだと思うんですよね。将棋では、局面を見たときに『何を基準にして局面を図っていくか、形勢を作っていくか』という大局観が、個々人によって変わってきますよね。

10年後、20年後の安心のためのお金のプランニングでも大局観が一番だと思いました。将棋もライフプランも、大局観がポイントになるのは同じだと感じますね。

今までの人生設計に大局観なんて感じなかった。
一手先は考えてなかったですしね・・・
だから、いざ作ってみると、わかりやすかったです」
【インタビュアー】
「《住まいと保険と資産管理》は今年で10周年を迎えるのですが、
 当社のサービスが今後さらに発展していくにはどうしたらいいでしょうか? 何かアドバイスや意見があれば教えてください」
【植山さま】
「アドバイスをしてもらって本当に感謝してますし・・・私はいいサービスをしてらっしゃると思います。 知らない人も多いですからね・・・でも必要性は凄く感じましたから・・・難しいなあ・・・」
【中井さま】
「実際の効果とか・・・数字的なものはだされてるんですよね?
でもあんまり表向きにできないから難しいですよね・・・最初に伺うのに、ちょっとしたきっかけがあると来やすくなると思いますね」
【インタビュアー】
「将棋ファンの方に、メッセージを一言お願いします」
【中井さま】
「将棋と同じだと思うんですけど、1人で勉強して色々覚えることには限界があります。

プロのアドバイスを聞くことで、的を射ることもあると思うんです。将来のプランニングに関しても、一度はプロの方のアドバイスを聞くと全然違うので、おすすめしたいです」
【植山さま】
「同じですね。自分達でプランニングをやるのではのく、実際にやっていただいて、丁寧で具体的な例を出していただいて、このようなアドバイスは絶対に受けたほうがいいと思いました」
【インタビュアー】
「様々なご感想や評価をいただき、また温かいメッセージや役立つ意見を頂き、ありがとうございました。 中井広恵先生、植山悦行先生のさらなるご活躍を心より応援しています。

ファイナンシャル・プランを作ることや、ファイナンシャルプランナーに相談することが、日本人にとって将棋と同じくらいメジャーな文化の1つになるように、私達も頑張って参ります」


▼おすすめ情報

日本女子プロ将棋協会(LPSA) のホームページ上に掲載された、中井広恵女流六段による1dayトーナメント・ファミリーカップ副賞報告(1) 1dayトーナメント・ファミリーカップ副賞報告(2)も、深い洞察に満ちたレポートになっておりますので、是非ご覧ください!


また、当シリーズ続編のインタビュー記事もありますので、関心のある方はこちらもどうぞ。
それぞれに個性ある、興味深い感想を読むことができます。

ライフプラン診断 体験インタビュー(島井咲緒里女流二段・横山泰明六段)ライフプラン診断 体験インタビュー(中倉宏美女流二段)ライフプラン診断 体験インタビュー(石橋幸緒女流四段)





住まいと保険と資産管理・ホーム> プロ棋士ご夫婦の「ライフプラン診断」体験インタビュー

ファイナンシャルプランナーには職業上の倫理規定および守秘義務があります。
お客様の個人情報は厳重に取扱い、許可なく第三者に開示することはありません。個人情報保護方針